スポンサーサイト

0
    • 2018.12.12 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    MRM吃音どもり改善プログラムの評判はいい?口コミ

    0
      中村しょうさんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを購入したのでレビューします。本当の感想、体験談。その効果は?



      中村しょうさんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの内容は、大きく分けて2つあります。

      パラダイムシフト編と、マインドシフト編です。

      基本的には、パラダイムシフト編は吃音の根底にかかわることが書いてあるマニュアルを“読む”ことです。

      一方、マインドシフト編は、中村しょうさんの動画を見て、イメージ内であることを実践したり、紙に書いたりすることがメインになります。


      中村しょうさんも言っていますが、パラダイムシフト編を読むだけで、ある程度の吃音・どもりが解消してしまうこともあるようです。


      実際に、私は【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを購入して実践した、元々は難発の吃音持ちだったのですが、パラダイムシフト編を読んだ後に明らかに吃音が改善されていて、自分でも驚きました。


      元々、MRM吃音どもり改善プログラムの筆者である中村しょうさんは、子供の頃から重度の吃音に悩んでいた一人だったといいます。

      本当にたくさんの発音教室や矯正器具を使ったといいます。

      それでも中村さんの吃音は治りませんでした。

      そして、全く吃音とは関係のない脳科学系の潜在意識をコントロールするビジネスセミナーに出席した時に、このアメリカ発の潜在意識コントロール法を吃音改善に結びつけてMRM吃音どもり改善プログラムを作り始めました。

      中村しょうさん自身が重度のどもりを改善した後、彼は吃音カウンセラーとして、数百名の吃音持ちの人のカウンセリングを始め、効果がでた方法をMRM吃音どもり改善プログラムとして発表したのです。


      MRM吃音どもり改善プログラムのおもしろいところは、吃音を治すぞ!!みたいなスタンスではなく、「気が付いたら吃音が改善されてた、吃音のことを忘れていた」という改善方法だというところです。


      私自身も、いつのまにかどもらなくなったな…

      という感覚でした。これまで結構悩んできたのですが、改善してしまうと「こんなものか…」と思うくらいです。


      もし今、吃音・どもりで悩んでいるのであれば、MRM吃音どもり改善プログラムは、すぐにでも取り組むべき本当におすすめのマニュアルです。


      MRM吃音どもり改善プログラムはこちら



      中村しょうさんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを購入したのでレビューします。本当の感想、体験談。その効果は?


      「MRM吃音どもり改善プログラムの評判はいい?口コミ」トップヘ





      【10月20日】MRM吃音どもり改善プログラムの日記

      0
        10月20日 MRM吃音どもり改善プログラムを実践してから…

        わたくし事なのですが、仕事が変わりました。

        以前は、あまり人と関わりのない仕事で、パートナーの人と二人で黙々とやる力仕事系だったのですが、

        新しい仕事は、いわゆるサラリーマンで、職場が数か月に一度変わるという、少し特殊な仕事です。

        私は以前、難発の吃音・どもりでとっても悩んでいました。

        今では、MRM吃音どもり改善プログラムを実践したおかげで、吃音はだいぶおさまりました。

        しかし、新しい職場でのストレスなどで、また吃音が再発してしまうのではないかと、正直びくびくしている自分がいて、忘れかけていた自分の吃音のことも思い出すことが増えているのが現状です。

        今後、電話をとったり、目上の人と話したり、後輩に話しかけられたりするかもしれないと考えると、以前の仕事と比べたら格段に話す機会が増えます。

        MRM吃音どもり改善プログラムで培った自信は、もちろんいまだに忘れていませんが、今後のことを考えて再度もう一度MRM吃音どもり改善プログラムを見直して、プログラムを実践しようと思っています。

        吃音がなくとも、新しい職場というのは、緊張したりストレスがあったりするものです。

        今後どうなるかは、また書いていければと思っています。

        それではまた!


        MRM吃音どもり改善プログラムはこちら



        中村しょうさんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを購入したのでレビューします。本当の感想、体験談。その効果は?





        【MRM吃音どもり改善プログラム】今のところ吃音はでていないです。

        0
          先日から、新しい仕事に就き、新しい職場になりました。

          電話対応や、周りの社員さん達との話の中で、吃音がでてしまったらどうしようと結構悩んでいましたが、今のところ吃音はでていません。


          ただ、働き始めで、電話対応までは任せてもらっていないのと、こちらから積極的に話しかけていないので、他の社員さんともそこまで話していないからかもしれません。


          MRM吃音どもり改善プログラムの、パラダイムシフト編とマインドシフト編を読み返し、エクササイズも改めて実践しています。

          MRM吃音どもり改善プログラムは、今の自分にとっては心のよりどころになってる気がしますね。
          お守りみたいな感じです。

          まだ新しい仕事になじんでいませんし、緊張はなくなりませんが、それでも前向きにがんばろうっていう気持ちになります。

          今週はまだ月曜日ですしはじまったばかりですので、なるべく人の輪に入っていって、積極的に会話していきたいと思っています。




          仕事でお得意さん先にいきました。(MRM吃音どもり改善プログラム)

          0
            新しい仕事に就いてから数日経ち、お客さん先にも行く機会が訪れました。

            お客さん先へ先輩の社員と行ったのですが、吃音がでないか結構おどおどしていました。

            私の過去の吃音のことは、先輩社員もお客さんも知らないので、緊張したのですが、

            それでも私の吃音はでませんでした。

            MRM吃音どもり改善プログラムは、やはりまだ効いていたのだと思い、かなりうれしくなりました。

            きっちりと話すべき内容を話すことができ、あとは先輩に話をパスしました。

            これからまだまだたくさんやるべきことがあるので、MRM吃音どもり改善プログラムを実践していって、乗り切っていきたいですね!


            仕事が普通にがんばれていることも、嬉しく思います!


            やはり人前に出てしまうと…【MRM吃音どもり改善プログラム】

            0
              先日社内で、キックオフ会議が行われました。

              自分に発言権はないと思い、「今日は話さなくていい。聞いてるだけでいいだ…」

              と思い込んでしまっていたのが、失敗でした。

              「君はどう思う??」といきなり声をかけられました。

              20人以上、上司から先輩、知らない会社の社員さんから一気に注目を浴びてしまったのです。

              その瞬間に、頭の中が真っ白になり、一言目が出なくなってしまったのです。

              しばらく沈黙した後に、声を発することができて、事なきを得ましたが、悔しい思いをしました。

              会議の後、先輩からは、「いきなりだったから仕方ないよ」と励ましてもらえましたが、かなり気持ちが落ちこみました。


              MRMで完全に吃音は治っていたはずなのになんでまた…、とも考えましたが、思い返してみれば、今回言葉がでなかったのは自分が何も準備をしてなかったからです。

              MRM吃音どもり改善プログラムを実践していなかったら、あんなに早く言葉がでてこなかったでしょう。

              周りがざわざわし始めるくらい、言葉を発することができなかったと思います。

              自分が会議の準備を怠ったことを、吃音のせいにするのは間違えていますよね。

              それに、準備不足で言葉がでなかった他の社員も何度も見てきています。

              吃音がでなかったことを満足するのではなく、いい仕事をして満足しなければならないと強く感じました。

              MRM吃音どもり改善プログラムのせいにもしてはいけませんね!



              MRM吃音どもり改善プログラムはこちら





              MRM吃音どもり改善プログラムは楽じゃない、辛いことも。

              0
                電話、朝礼、会議、スピーチ、プレゼン、セミナー…これらは仕事をしていくうえでとても重要なイベントです。

                もしあなたが吃音を抱えているのであれば、これらは“嫌なイベント”として、頭を抱えてしまうイベントでしょう。

                しかし、これらを十分にこなしていかなければ、仕事で出世していくことは難しいですよね。

                それに、職場で自信が持てていないと、どうしても恋愛にも奥手になってしまいがちです。


                私自身、モテるタイプではないので、偉そうに人のこと言えませんが、恋愛において一番多いのは、職場恋愛だと聞きます。

                吃音で奥手になっている人にとっては、仕事だけでなく恋愛にも影響が出ていることになってしまいます。

                これって、すごく寂しいですよね。


                いつでも吃音のことを考えて、人と接することを最小限に生きている…

                1年前の私はこんな感じでした。

                でも今では、MRM吃音どもり改善プログラムを購入し、実践することで自分を変えることができています。

                仕事も変わり、これまで人と最小限にしか接することがない運送系の仕事から、どんどん人と関わっていかなければならないサラリーマンになっています。

                運送の仕事を否定するつもりはありません。
                私の個人的な事情でサラリーマンになっただけです。

                しかし、個人的に思うのは、サラリーマンの方が吃音が重くのしかかってしまうということです。

                冒頭に述べた電話や朝礼、会議プレゼンなどは、人前で話すことになります。


                吃音は、自分一人で部屋にいて起こるものではなく、人前に出て初めて出る症状だということは、MRM吃音どもり改善プログラムで中村しょうさんが言っている通りです。

                中村しょうさんは、子供の頃から重度の吃音で、何十万円、何百万円と吃音改善のためにお金を使ったといいます。

                それでも中村しょうさんの吃音は改善しなかったそうです。

                そんな折、吃音とは全く関係のないビジネス関連のセミナーに参加し、そこで話されていた脳科学系の、潜在意識に関する講義が、MRM吃音どもり改善プログラム作成の土台になったといいます。

                つまり、MRM吃音どもり改善プログラムの最初の成功者は、中村しょうさんご自身だということになりますね。

                吃音改善カウンセラーとしてMRM吃音どもり改善プログラムの方法を対面式で行い、そこでの成果が素晴らしかったといいます。

                対面カウンセリングでは時間的に人数に制限がかかってしまいます。

                遠方に住んでいる人など、もっと多くの吃音者の人を助けるために、マニュアル化したそうです。


                このブログを書いているわたしにとって幸いだったのは、お金をかけた吃音改善方法が、MRM吃音どもり改善プログラムがはじめてだったということ。


                そうでなければ、吃音改善にもっともっとお金がかかっていたかもしれませんし、吃音自体改善できななかったかもしれません。

                MRM吃音どもり改善プログラムは何か特別な機器を使うということはありませんので、お金はマニュアル代金以外はかかりません。

                一番初めに手にしたのが、中村しょうさんのMRM吃音どもり改善プログラムで、本当によかったと思っています。


                先ほど少し話しましたが、吃音は自分一人の時はでないのに、人前に出ると症状が出てしまうという人はとっても多いです。

                ということは、吃音は心理面に大きく左右されているということ。


                私の場合は特に、たくさんの人から一斉に注目され、シーンとすると難発の吃音が出てしまっていました。

                しかし、家で一人でいるときに、独り言ではほとんど吃音の症状が出なかったのです。


                そういったことが、体型的にわかりやすく、MRM吃音どもり改善プログラムのぺージに書かれていたことも購入のきっかけになりましたし、実際に内容を見てみて、さらに納得できる説明が書かれていました。


                MRM吃音どもり改善プログラムのパラダイムシフト編は、一度目を通して読んだだけで吃音がある程度改善する人がいると聞いたことがありましたが、これには本当に納得です。

                私自身がそうだったので。
                「この方法なら、いける。」素直にこう思いました。


                WEBビデオセミナーで、中村しょうさんの顔を見ながら説明が聞けることも効果的でした。

                私にとっては、吃音を改善した先輩にあたる人になるので、同じ体験をしてきて吃音改善に成功している人が、目を見て説明してくれることは、とっても大きかったです。


                メインマニュアルは、パラダイムシフト編とマインドシフト編があります。

                マインドシフト編は、過去の自分と向き合うことになるので、辛いこともあるかもしれません。

                私も、自分の過去と向き合うのは正直少し辛かったですが、これから吃音でずっと悩んで不安なまま生きていくことを考えれば、なんてことなかったです。

                「良薬は口に苦し…」この言葉は、MRM吃音どもり改善プログラムにも当てはまる言葉ですね。


                楽して吃音を改善できると書いた方がいいのかもしれませんが、MRM吃音どもり改善プログラムを体験した生の感想としては、楽なことばかりでしたと書くわけにもいきません。

                とはいえ、自宅で一人で、好きな時間に実践できるMRM吃音どもり改善プログラムは、顔に特殊な器具を使ったり、キツイ運動・体操をするわけではないので、他の吃音改善法よりは全然きつい部類には入らないですよ。


                最近思うことは、「神様は見てくれている」ということです。

                家でひとりでがんばっているので、誰も見ているわけではないですが、「神様はみてくれている」と思えばがんばって続けることができます。私はそうでした。


                偉そうなことは言えませんが、吃音を改善するためにがんばるという行動は、決して無駄にはならないと思います。

                それに、MRM吃音どもり改善プログラムならば、他の吃音改善方法よりも可能性が高いのではと、個人的には思っています。


                これからずっと吃音に悩んで、不安なまま生活していくのであれば、自分と向き合って、吃音を前向きに改善しくことはとってもいいことだと思いますよ。









                会議も回数を重ねていくうちに…【MRM 吃音】

                0
                  ここ最近、仕事で会議に参加する機会がとても増えています。

                  プロジェクトの初めから参画している形なので、会議が多いです。

                  私は、まだ入社したばかりなので、会議の進行や重要な場面で意見を求められることはありませんが、時折意見を言う機会があります。

                  先日の失敗を生かし、会議前には、意見を求められたときに何を言えばいいか、自分なりに考えてから望むようになりました。

                  この際には、自分が元々吃音だったことは忘れています。

                  それに、ここ数回の会議では、自分が思ったことをはっきりと発言できるようになりました。

                  自分でもかなりの進歩だと思います。

                  MRM吃音どもり改善プログラムの、マインドシフト編とパラダイムシフト編は、毎日できなくても、2日に一度は十数分エクササイズしていますので、それも自信につながっているのではと思っています。

                  今は、どうやったら吃音がでないかというよりも、どうやったら自分の意見をわかりやすく伝えられるかを考えているので、それだけ成長できたのだと実感して、嬉いです。

                  仕事が変わり、会議が増えて、自分に注目が集まる場面で、どうなってしまうかはとっても心配していましたが、今のところはうまくやっていると言えるのではないでしょうか。

                  今後は、社内だけでなく、社外の人にプレゼンする機会がくるかもしれないので、まだまだ精進ですね。







                  購入者の方言いたいこと…【MRM吃音どもり改善プログラム】

                  0
                    中村しょうさん著書・MRM吃音どもり改善プログラムを購入した人で、途中でやめてしまった人はいるかもしれません。

                    私は、比較的早い段階で最初の改善がみられ、その後継続して今の状態になっています。

                    今の状態とは、吃音を考えなくなっている状態です。


                    さすがに、ブログを書くときには思い出しますが、ブログに書くということをしても、吃音を恐れなくなっています。

                    もし、MRM吃音どもり改善プログラムを購入したのに、吃音が改善していない場合は、諦めずに継続して欲しいですね。

                    というのも、MRM吃音どもり改善プログラムは、プログラムを実践すればするほど、深層心理から強い自分を作ることができるからです。

                    これは、私の主観になってしまいますが、深層心理は自分だけではどうにもならないくらい根が深くて、そこにマイナス要素があることでネガティブな考えになったり、吃音がこびりついてとれなくなっています。

                    1ヶ月でやめてしまっている人がいるなら、2ヶ月チャレンジして欲しいですし、2ヶ月やって駄目なら3ヶ月チャレンジする…

                    これくらいの価値が、MRM吃音どもり改善プログラムにはあります。

                    吃音を考えなくなるというのは、もちろん“吃音である自分を受け入れて前向きに生活する”という意味ではありません。

                    吃音が出なくなるので、吃音のことを忘れることができるようになるということです。

                    ものすごく価値のあるプログラムなので、継続して時間を使う価値があります。

                    なので、1・2ヶ月で諦めないでくださいね!




                    日曜日が終わって明日からまた仕事ですね。

                    0
                      こんばんは、タクです。


                      明日から仕事ですね。

                      前までは、日曜日のこのくらいの時間になると、月曜日からの仕事が憂鬱で仕方がありませんでした。

                      「明日もどもらないようにしないと。発言したり電話がかかってきたらどうしよう…嫌だな…」

                      とか考えてました。


                      でも、中村しょうさんのMRM吃音どもり改善プログラムを購入して実践し、吃音が改善され、吃音のことを考えなくなってからは、月曜日からの仕事が憂鬱ではなくなりました。

                      これまで「明日どもらないようにしないと…」という考え方ばかりしていた私が、「明日はこの仕事をやり遂げよう!」という前向きな姿勢になったんです。

                      まあ、重要な会議などがある週は、吃音云々関係なく緊張してしまいますが…


                      それでも、今までの自分と、MRM吃音どもり改善プログラムを実践した今の自分を比較して、確実に言えることは、仕事に前向きになったということですね。

                      自分の吃音をどう隠すか、笑われたらどうしよう、ということばかり考えていたのが、あの仕事のことは、○○先輩に聞いてみよう、と考えたりしてます。


                      吃音の人は、吃音のことばかり考えてしまって、頭の中でも膨大な時間を吃音とともに過ごしています。

                      これは、自分だけではなかなか対処しきれません。

                      MRM吃音どもり改善プログラムは、この考え方を根本から取り除いていくような方法で、吃音を改善していく方法です。

                      私は、MRM吃音どもり改善プログラムを実践してよかったと思っています。

                      それでは、また明日からがんばりましょう!!





                      MRM吃音どもり改善プログラムの実践日記

                      0
                        今週もお疲れ様です。

                        私は、今週仕事で少し営業に参加しました。

                        社内作業ではなく、外回りで先輩社員に付き添ってお得意さん先に出向いて今後のことを話し合うことがメインです。

                        これまで社内では、MRM吃音どもり改善プログラムを実践した経緯で難発の吃音はでなかったのですが、外回りとなると、はじめて話す人が増えるので、少しだけ心配にりました。

                        先輩と一緒に回るとはいえ、要所要所の説明は任されていたこともあって、発言する機会は多かったです。

                        そして、ここでも吃音の症状はでませんでした。

                        以前会議で失敗したこともあって、今回は事前準備をしっかりして行ったので、話す内容も頭に入っていたことがよかったと思います。

                        MRM吃音どもり改善プログラムをはじめて4ヶ月弱経ちましたが、実践してから2ヶ月以降は、おおきな吃音の症状はでていません。

                        一度会議で、準備を怠って焦ってどもりそうなときがありましたが、それくらいです。


                        パラダイムシフト編をやって、自分と向き合って、深層心理の面で吃音が抜けていっているからこそ、吃音が再発しないのかなと感じています。

                        また明日から、一週間が始まり、会議に営業にと仕事の幅が広がっていきますが、私の目標は吃音がでないことではなく、いい仕事をしてどんどんステップアップしていくことです。

                        その過程で、少しどもりがでてもいいと思っています。

                        あくまで、目標は、仕事でのステップアップ。吃音は出ないといいな…というくらいに思っています。

                        MRM吃音どもり改善プログラムを実践した方は、こういう気持ちでいる人が多いのではないでしょうか?


                        MRM吃音どもり改善プログラムの著者である中村しょうさんは、吃音の人たちの吃音改善後のことまで考えてプログラムを作ってくれています。

                        きっとまだMRMを実践していない人も、実践した後にはこういう気持ちになる、そう思います。

                        ではまた明日から頑張りましょうね!





                        MRM吃音どもり改善プログラムのレビューを週一で書いていますが

                        0
                          今、中村しょうさんのMRM吃音どもり改善プログラムのレビューを週に一回のペースで書いていますが、1週間が終わるごとに自分の成長を感じることができています。

                          基本的には、今やっている仕事を通じてですが、そのほかにも、友人との会話や会社の同僚との何気ない会話からも、自信を持って話すことができていると感じます。

                          やはり、吃音が出なくなってからは、「もっといろいろな人と話したい」という願望が出てきました。

                          これまでは、なるべく人と話さないように、目を合わさないように暮らしてきましたが、今では、どんどん話したいと思っています。

                          これも、MRM吃音どもり改善プログラムで難発の吃音が改善し、吃音のことを考えるよりも、仕事のことやプライベートのことを考えるようになったからでしょう。

                          中村しょうさんがMRM吃音どもり改善プログラムで「吃音を改善するその先まで見ている」とおっしゃっていた通りになりました。

                          吃音を持っている人は、普通の人よりも心配りができたり、他人の考えを深く考えることができるため、仕事で大成する人が多いようです。

                          中村しょうさんが言いたかったことは、吃音を改善することがMRM吃音どもり改善プログラムのゴールではないということです。

                          吃音改善のその先の人生のことを真剣に考えて、MRM吃音どもり改善プログラを作ってくれています。

                          あなたがこのページにたどり着いたのは、ご自身が吃音で悩んでいるか、周りに吃音者がいて、なんとか力になりたいと思っているからでしょう。

                          以前にも書きましたが、私は初めて購入した吃音改善プログラムが、MRMでよかったと思っています。
                          なので、あなたや周りの人で吃音者の人がいるならば、MRMはとってもおすすめできます。

                          吃音を改善し、吃音を改善したその先の人生を思い浮かべてみて下さい。
                          きっと、すごく明るい気持ちになると思います。







                          仕事が忙しくて吃音改善の時間がないよ〜っていう方

                          0
                            毎日の仕事に追われて、吃音改善に割く時間が取れないという人がいます。

                            カウンセリングを受けるために休日に病院やカウンセラーのところに通ったり、土日を使って吃音合宿に行かないと吃音が治らないと考えている人も多いです。

                            でもそれは、正しくはありません。

                            毎日の仕事をしっかりとこなしながら、吃音改善することができるのが、MRM吃音どもり改善プログラムです。

                            1日に20分から30分程度、簡単で、しかも特別なエクササイズ(口や体を動かす運動ではありません)を6週間実践するというプログラムです。

                            私はすでに実践済で、悩んでいた難発を改善することができました。

                            正直、かなり生活が変わりました。吃音の頃は想像するだけでやってみようとは思えなかったことに、どんどんチャレンジすることができています。

                            その一つが、会社での会議の司会進行役です。

                            この重大な仕事を完遂することができたことは、かなりの自信になりました。

                            世の中にはたくさんの吃音の人がいらっしゃいますが、MRM吃音どもり改善プログラムは、そんな人たちに一度は試してもらいたいプログラムです。

                            時間が取れない人でも、自宅でひとりで行えるので、MRM吃音どもり改善プログラムははじめやすいですし、中身の内容も本当に濃いです。

                            まずはやってみること。こういった行動力も、後ろ向きな性格の時にはなかなか難しいですが、自分を変えたいと思うならば、MRMは力になってくれるでしょう。

                            私は難発が改善した今でも、MRM吃音プログラムをやりつづけています。

                            こうすることで、潜在意識に自信が刷り込まれるからです。

                            この先もずっと続けていくことと思います。



                            MRM吃音どもり改善プログラムで集中力までついた!

                            0
                               私がMRM吃音どもり改善プログラムを始めてから約5ヶ月が経ちました。
                              今こうやって、吃音がでずに仕事ができていることに驚くとともに、吃音は改善してしまうと、「あれはなんだったんだろう」という不思議な心境になります。

                               MRM吃音どもり改善プログラムの作者である中村しょうさんは、吃音改善は通過点であり、「私の目標は吃音者の方にその先を見てもらうこと」とおっしゃっています。
                               今では、この理由がわかる気がします。吃音が改善すると、これまでやりたくてもできなかった、我慢してきたことをはじめるからです。
                               おそらくあなたにも、吃音改善の先にある、夢ややりたいことがあるでしょう。人生において大事なのは、自分のやりたいことができる環境であったり、仕事を思い切りやることだったり、遊びにも一生懸命になれることなのではないでしょうか。

                              なんて週中の水曜日に語ることではないんですけどね(笑)

                              タイトルに書いたように、最近集中力もついてきてます。
                              仕事をするにあたり、覚えなければならないことがあり、参考書を読んで覚えているのですが、これまでは2〜3時間かけてダラダラやっていたページ数を、1時間で終えられるようになりました。

                               これは意図的にやっていることで、これまでよりも短い時間で、以前と同じ量の勉強をこなすことを念頭に行っています。
                              MRM吃音どもり改善プログラムには、吃音改善方法はもちろんですが、潜在意識のコントロールがある程度できるようになることも副産物として含まれていると思います。
                              それはプログラムの内容が、発声練習や運動ではなく、潜在意識を変えることが目的だからです。

                               車椅子で生活している人は、自宅で一人でいても、外出するときにも車椅子で生活していますが、吃音の人は、人前でどもりがでても、自宅で一人でいるときにはどもらない、という人が多いです。
                              こう考えると、吃音は病気ではなく、自分の潜在意識が起こしている現象だと言えるのではないでしょうか。

                               潜在意識を変えられると、ネガティブなことを考えないように自分をコントロールできるようになり、性格が明るく前向きになったりもします。

                              ネガティブな人は、なかなかポジティブになれない…これは、潜在意識の深いところで自分はネガティブだと刷り込まれているからです。

                              MRM吃音どもり改善プログラムは、こんなことまで教えてくれました。中村しょうさんに感謝ですね。



                              吃音関連の動画をシェアします。

                              0











                                ここ最近一気に寒くなりました〜MRM吃音改善プログラムレビュー

                                0
                                  ここ最近、本当に寒いですね。
                                  朝起きると、寒くてびっくりします。

                                  新しい、かっこいいコートが欲しいですね。
                                  それを着て会社に行きたいです。

                                  革靴も欲しいので、お金がいくらあっても足りません。

                                  以前はオシャレには無頓着だったのですが、会社の先輩におしゃれなひとが多いので、それに触発されて“自分もオシャレしたいっ”ってなってます。

                                  営業で外を回ることも増えてきましたが、MRM吃音どもり改善プログラムで吃音改善の特訓したので、取引先の初対面の人の前でもどもりません。

                                  最近寒くて声が震えてしまうことはありましたが、それは難発の吃音ではないので、ここ数か月は吃音の症状がでていないです。

                                  ただし、吃音の症状が再発!なんてことになると嫌なので、一応無理せずMRM吃音どもり改善プログラムのマインドシフト編を実行してます!

                                  今では、吃音が出ないようにするためにやっているというよりも、自分の気持ちを強くするため、自分が立てた目標を達成するためのエクササイズになっている気がします。

                                  やりがいのある仕事で、高い目標も持っているので、今はそこに向けてがんばっている感じです。




                                  この間ゴルフに行ってきました“MRM吃音どもり改善プログラム”レビュー

                                  0
                                    少し前になるのですが、この間はじめてゴルフに行きました。

                                    友人連中10人程度で、ゴルフコースを回りました。

                                    友人連中は経験者ばかりだったので、残念ながら私のスコアはビリでしたが、

                                    ゴルフは思っているよりもずっといい運動になるし、自然を感じることができて気分もリフレッシュできたので行ってよかったです!

                                    ゴルフはこれからも続けようと思います。

                                    久しぶりに会う友人もいたので、私が難発の吃音持ちだったことを知っている友人もいました。

                                    私は、今年の7月に中村しょうさんのMRM吃音どもり改善プログラムを始めて、8月の中旬頃には、吃音が収まってきていたので、それ以降会っていなかった友人とは久しぶりに話したのですが、吃音の症状はでなかったです。

                                    吃音は、久しぶりに会う友人相手にも起こりやすいと聞いたことがあったので、ゴルフに行く前は少し意識してしまったのですが、会って話して数分後には、自分でも吃音のことを忘れていました。

                                    以前よりも自分から話しかけることが増えたので、友人の一人からは、

                                    “なんか前より(性格が)明るくなってね?”

                                    と言われたくらいです。

                                    MRM吃音どもり改善プログラムは、私の性格まで変えたと思います。

                                    前までは、できるだけ人に会わないように暮らしていたような気がしています。

                                    でも今では、新しい出会いがある場所にどんどん行こうと思えるようになりましたし、実際そうしてます。

                                    ゴルフは本当に楽しかったので、これから練習して、まずはビリから脱出したいですね!


                                    MRM吃音どもり改善プログラムはこちら





                                    calendar
                                      12345
                                    6789101112
                                    13141516171819
                                    20212223242526
                                    2728293031  
                                    << January 2019 >>
                                    PR
                                    ユーザー情報
                                    profilephoto
                                    ■ニックネーム タク

                                    ■年齢 37

                                    ■住んでるところ 東京

                                    ■好きなたべもの カンパチ

                                    10代から難発の吃音で悩んできた男。
                                    MRM吃音プログラムで変わることができるのか…
                                    現在新しい職場で奮闘中!
                                    selected entries
                                    categories
                                    archives
                                    recommend
                                    links
                                    profile
                                    search this site.
                                    others
                                    mobile
                                    qrcode
                                    powered
                                    無料ブログ作成サービス JUGEM